Top > ストーリー
HTML convert time to 0.006 sec.


ストーリー

Last-modified: 2007-11-07 (水) 20:19:44

story_01.jpg

女神が「シャイヤ」世界を創造し、やがて全てを巻き込む戦争が起こる・・・

遥か昔、女神エテインが、自らの肉体を使って新しい世界を創造した。
そして女神が自分の世界から運んできた7つの災いがきっかけで、7年にわたる戦争が起こった。
激しい戦争により、女神は病の身となりその美しさを失ってしまう。

女神は民衆から否定され、苦痛により魂が二つに分かれてしまった。
大陸は大きく揺れ、全てのものを飲み込み、 二つに分かれた女神の魂までもどこかへ消えてしまった。

story_02.jpg

女神により創造された兄妹がかろうじて生き延びたが、 戦争により互いに心に傷を負った二人は憎みあい、
妹は南に行きヴァイル族の先祖になり、 兄は北に行ってエルフ族の先祖になった。

500年後 ― 2つの種族が出会い、物語が動きはじめる。

エルフとヴァイルはお互いの存在を知らずに長い時間を過ごしていた。
だが、互いに勢力を拡大し、プルビウス川に至ったとき、 両種族が出会うと共に忘れかけていた憎悪が甦る。

再び大陸に戦争を呼び寄せた。

story_03.jpg

北のはずれの孤島には、かつて異世界より降り立ったヒューマン族が住む。
この戦争により住処を追われ、エルフと手を結び「光の同盟」を結成した。

一方、地下に住んでいたデスイーター族も地上に出現し、
安定的な食料の確保のため、ヴァイル族と「怒りの連合」を結成するのだった。

その後500年間は平和が続くが、 両勢力が同じ日、同じ時間に同じ啓示を受け、 再び戦争は起こった。

それは、女神エテインの魂が宿った女性「ディケ」がプロシュケ城に生まれるが、
そこに行くためにはプルビウス川に位置している
7つのレルリックの中の4つを手に入れなければならない、という内容だった。

怒りの連合は再び攻撃を開始し、
それから光の同盟と怒りの連合による終わりなき戦争が続いている・・・。


公式ページより) 2007-11-06


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White